« 白ゴーヤの苗あった。妙にお安い\98 | トップページ | なんで電力会社は地域にひとつなの? »

2011/05/05

「低線量の放射線は『むしろ健康にいい』」 ほんとうですか?!

今朝の朝日新聞。

20110505
“自民党の原発推進派がはやくも始動し始めた”という記事に並んで掲載された、
東電顧問で元参議院議員の加納時男氏のコメント。
「東電をつぶせと言う意見があるが、株主の資産が減ってしまう。」
低線量の放射線は『むしろ健康にいい』と主張する研究者もいる。説得力があると思う。私の同僚も低線量の放射線治療で病気が治った。過剰反応になっているのでは。むしろ低線量は体にいい、ということすら世の中では言えない。これだけでも申し上げたくて取材に応じた」

自民党の「原子力を守る」政策会議発足の記事。
20110505_2

この動きと対立する河野太郎氏のコメント。
20110505_3

|

« 白ゴーヤの苗あった。妙にお安い\98 | トップページ | なんで電力会社は地域にひとつなの? »

新聞記事切り抜き」カテゴリの記事

東日本大震災・福島原発事故」カテゴリの記事

コメント

悲しい事実は、国民総バカ化計画の結果ですよ。
それも国策でしょう。

投稿: CUB | 2011/05/06 23:33

この人はただのバカですね。事実誤認も甚だしい。
しかも、例として持ち出した放射線治療は自分の事ではない…
少量ってどのくらい使った?って定量的な質問にはもちろん、
使った線源は何?って定性的な質問にさえ、答えられまい。
通常、医療分野で使う場合には、ミリ単位でターゲットを定めて
慎重にエネルギー調整して照射するわけで体全体に浴びる様な
照射はしないものである。

おおよそ科学的な事実の認識ができない人ということは明白で
彼をを担ぎ出した人は大失点だと思うのですが、この国の国民は
そういうことに気づかない人が多いってのも悲しい事実なのかな…

投稿: ふみ☆ | 2011/05/06 06:37

このじいさんは、病気の治療に使う放射線と、原発の事故で撒き散らされる放射線を同じレベルで考えているというところが問題。
だいたいこの時期にこういう発言をするというのは何を言いたいのか?
原発の事故で多大な被害を受けている人たちに向かって、放射線は体にいいんだから騒ぐんじゃないとでもいいたいのだろうか?
この記事を読んだだけではこの人の真意はわからないけれど、こういう発言をするセンスが理解できないし、こんな人間を担ぎ出す政党にも今さらながら虫唾が走る。

夢の実現に向かって研究を続けることは素晴らしいし、科学技術の発展のために必要なことだと思う。コントロールできる範囲で放射線を利用するのは人間にとって有益なことだけど、医療の現場での利用とは違って、原子力発電は日本の技術ではコントロールできていないものだったことが今度の事態ではっきりした。
一部の人たちが利益を得るために、研究途上の不完全な技術を完全だと偽って推進することは、私は間違っていると思うよ。

投稿: CUB | 2011/05/05 22:59

うそですな・・・

放射能には種類があり、それぞれ特徴がかなり異なります。

ラジウム温泉は体にいいけどそれは半減期が短く出ている放射線がアルファ線である などの条件があるからで、わずかであっても中性子を出しまくっているような放射能汚染は極めて危険と言えるでしょう。

ヨウ素、セシウムは ベータ線、ガンマ線なのでやはり気をつけるべき対象でしょう。健康にいいとは思えません。

核融合は夢のテクノロジーですが、周りに中性子をばらまくのが大問題です。それをクリアできると核分裂と比べれば非常に安全なエネルギー源にもなれるんですけどね・・・

ただね・・・我々地球生命体は外部放射線が大量に降り注いでいる地球上で30億年にも渡り世代交代を繰り返しているる生命の末裔なので、ある程度の被爆には十分耐えられるとは思います。

http://gigazine.net/news/20110317_radium_hot_spring/

投稿: onsen | 2011/05/05 13:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86460/51584420

この記事へのトラックバック一覧です: 「低線量の放射線は『むしろ健康にいい』」 ほんとうですか?!:

« 白ゴーヤの苗あった。妙にお安い\98 | トップページ | なんで電力会社は地域にひとつなの? »